ポーカー完全初心者がとりあえず使った方がいいツール
『PokerSnowie』無料で使う方法を解説

WTSD率とは? 数値から分かる対策と合わせると効果抜群なデータを解説

未分類

ポーカーのHUDデータの1つである『WTSD率

プレイ判断の材料になり、勝敗をわけることもあるデータなので色々な角度で解説をしてみたいと思います。

 

 

WTSD率とは?

WTSDは、以下のデータとなってます。

 

 

まず、はじめの3枚のカードが開かれる状態(フロップ)まで進み…

 

 

その後、最後の5枚目までカードが開かれた状態(ショーダウン)までプレイしている割合を示しています。

 

「で、それが何なの?」ってところが重要かと思いますので解説していきたいと思います。

 

 

 

WTSD率の”高い・低い”で分かること

WTSDは、ハンドを参加してからどのくらいの割合で最後まで降りる・降りないを示しています。

 

なので、次のようなプレイヤーであるという判断材料となりやすいです。

 

 

WTSDが高い場合

テキサスホールデムの場合、35%以上になってくるとWTSDが高いと判断されやすいです。

 

その場合、ハンドを参加すると決めたら降りないプレイヤーと思われやすいです。

 

そのため次のような対策をされやすいです。

『ブラフをしても降りないからブラフ頻度を下げる』

『(こちらが強いハンドでも降りないから)弱いときは降りて、強いときは勝負』

 

基本的にWTSDが高すぎる人はフィッシュ(カモ)という目安にされることも多いです。

 

 

WTSDが低い場合

テキサスホールデムの場合、25%以下になっているとWTSDが低いと判断されやすいです。

 

この場合は、フロップまで参加しても弱いハンドを持っているときは降りやすい慎重なプレイヤーだと思われやすいです。

 

なので次のような場面で、ブラフをかまされやすいです。

こういう明らかにフラッシュが完成していそうなときや….

 

ストレートが完成していてもおかしくないパターンです。

 

 

WTSDが低い人は、こういう場面で”相手から強気のベット・自分はワンペアのみ”とかだったらブラフっぽいな〜と思っても降りちゃったりしてるんじゃないでしょうか?

 

 

 

WTSD率と合わせると効果バツグンなデータ

先ほどは、WTSD率の数値のみで可能プレイ判断を解説してみました。

ここからは組み合わせることで、また新たな考え方のできるデータについて解説してみたいと思います。

 

 

W$SD%

W$SD%は、ショーダウンまで進んだ場合にどれくらいの割合で勝利しているか?というデータです。

 

このデータによっては先ほど話した「WTSDの数字が高い人はフィッシュ」の判断が変わってくることにもなります。

 

例えば、『WTSD45%・W$SD55%』といった異様なデータの人がいた場合….

WTSDが高くても勝ってる割合の方が高いわけなので、

 

・ブラフキャッチがうまい人

・スロープレイがうまい人

・WTSDは高いけどW$SD%の低い、フィッシュばかりを狙ってる人(バムハント)

こういった考え方もできます。

 

 

 

Fold to C-Bet、Fold to 3-Bet

Fold to C-Betとは、フォールド to コンティニエーションベットの略です。

 

コンティニエーションベットとは、プリフロップ(カードが何も開かれていない段階)でレイズしたプレイヤーがフロップ(カードが3枚配られた状態)でさらにレイズすることを言います。

 

これに行動に対して、どれくらい降りてしまっているかの割合が”Fold to C-Bet”です。

 

この数値が高すぎる場合、強気の行動に出ると降りる慎重なプレイヤーであると判断されやすいです。

 

ここで、さらにWTSD率の数値も低いとなると「こいつは弱気なプレイヤーだ」と確信されやすくなります。

 

似たような判断材料にされやすいデータに『Fold to 3-Bet』『PFR』などがあります。

抜け目のないプレイヤーはこういったデータを活用して、勝率の高い判断をしてきますので要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました