ポーカー完全初心者がとりあえず使った方がいいツール
『PokerSnowie』無料で使う方法を解説

KKPOKERとは?運営元の安全性など仕組みを調べてみた

KKPOKER

コロナのタイミングで一気に広まったKKPOKERですが、結局どんな会社が運営しているのかなど結構知らないことも多いのではないでしょうか?

 

安全性はどうなの?

という声を聞くこともあったので、調べてみた情報を共有しておきたいと思います。

 

 

KKPOKERとは?

 

AceKing IOM Limited』という会社が運営しているオンラインポーカーのアプリです。

会社の主な情報は次のとおり

 

設立日 2019年4月10日
登録住所 マン島 IM1 2LD ダグラス 49ビクトリアストリート

 

元は『AceKing Tech Limited』という会社名でPPPOKERというアプリの開発元でもあります。

 

(PPPOKERをプレイしたことがある人は分かると思いますが、作りがめちゃ似てます)

 

 

リアルマネー対応について

2001年のオンラインギャンブル規制法(OGRA)によるライセンスを取得しているようです。

 

KKPOKERに入金した額は『マン島ギャンブル監督委員会』が管理するため運営元がバックれたりしてもマン島政府が保証してくれる仕組みです。

 

 

海外では超有名なPOKERSTARSも同じライセンスを取得していますので、スターズのサイトでマン島ギャンブル監督委員会について知ることもできます。

 

 

入金について

KKPOKERでは『クレジットカード・仮想通貨・ecoPayz』の3つの入金方法が用意されています。

 

出金に関しては『仮想通貨・ecoPayz』の2通りになります。

 

入出金代行業者も存在しますが、サギも横行しているようなので注意が必要です

 

 

特徴について

KKPOKERのメリットでもありデメリットでもあるのが”外部HUDツールが非対応”だということです。

 

海外の有名なポーカーアプリの多くは、外部のツールによって相手のデータを詳細に渡って調べることができてしまいます。

 

この点、KKPOKERではアプリ内でのVIP会員になることで見れる最低限のHUD(プレイヤーデータ)のみです。

 

なので、ほぼ100%ツールを導入しているセミプロやプロに対して初心者が極端に不利になることが少ないと言えます。

 

 

KKPOKERとの向き合い方

ここからは個人的な主観ですが、KKPOKERはできたばかりのアプリなので「過信しすぎずに様子見で」って感じが一番なのかなと思ってます。

 

ポーカー好きの僕としては流行って欲しいと思うのが本音ですが「出金が遅い」とか叩かれていたり、まだまだ完全に安心できるとは言い切れないかなというところです。

 

一応、遊び方は【KKPOKERの始め方、ゲームの種類と遊び方を解説】にまとめてますので「ちょっとやってみようかな」と思われたら参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました